がん保険 必要性

がん保険 必要性

今回は『がん保険の必要性』についてお伝えしたいと思います。

 

 

今では『がん保険』という言葉も多くの方に認知されて、実際に加入者数というのも増えてきていると思います。

 

 

現時点でのがん保険の加入率はがん保険発売当初の2000年頃からするとかなり増えている状況であるのは間違いありません。ただ実際のところ、ネットなどで調べてみてもがん保険加入率というのはまちまちで、正確な数字がつかめないんですが、ある生命保険会社の社員に聞いたところ、ざっくりがん保険の加入率は5割〜6割という状況のようでした。(2015年のはじめの話です)

 

 

ただ、日本人は国民性なのか・・・どうしてもまわりの様子が気になるようです。でも、結局はあなた自身がどう思うか?という視点で考えてほしいですね(^_^;)

 

 

では、ここから少し『がん』という病気についてお伝えします。

 

 

公益財団法人がん研究振興財団「がんの統計’13」によると、現在の統計は約2人に1人が『がん』にかかるというデータのようです。

 

 

一生涯のうちにがんと診断される人の割合は?

 

  • 男性 58.0%
  • 女性 43.1%

 

となっているようです。

 

 

あなたのまわりでがんになったという方はいませんか?

 

 

ただ、今は医療の進歩もかなり進んでいるので、早期発見すれば治せる時代になったのも事実ですよね!

 

現に全国がんセンターが出している部位別の5年生存率では、

 

 

  • 全がん・・・91.7%
  • 胃・・・・・97.1%
  • 結腸・・・・99.7%
  • 肝臓・・・・56.3%
  • 肺・気管・・81.1%
  • 乳房・・・・99.4%
  • 子宮頸部・・92.5%

 

となっています。

 

でも、ここで安心はできないのが『がん』の厄介なところなんです(^_^;)実際にがんの治療費にはお金がかかり、治療費以外の出費がかさむこともあります。

 

 

では、実際のデータを見てみましょう。

 

 

1日あたりの自己負担費用

 

これは過去5年間にがんで入院して、自己負担費用を支払った人の直近の入院時の1日あたりの自己負担費用のデータですが、

 

5000円未満

9.8%

5000円〜7000円未満

10.0%

7000円〜10000円未満

7.0%

10000円〜15000円未満

26.2%

15000円〜20000円未満

13.3%

20000円〜30000円未満

15.5%

30000円〜40000円未満

7.2%

40000円以上

10.9%

※生命保険文化センター「平成25年度 生活保障に関する調査」より
※上記の金額には、治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品などを含む。
(高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額)

 

 

となっていて、ピンクの網掛けの部分を見てみると、約4人に3人が1日あたりの自己負担費用が10000円以上かかっていることが分かります。

 

 

また今は、医療技術の進歩によって通院によるがん治療も非常に増えている状況で、それこそ抗がん剤治療なども含めて通院でできるものも多いですね。そして、この抗がん剤治療にかかる費用というのも高いです。

 

 

実際に僕の身内が以前、乳がんになり手術のため入院したものの、入院日数はわずか20日程度で、その後の治療が長く、その通院治療にかかる費用が高かったのは印象的でした。また状況によっては、先進医療を受けれるケースもあり、ここにかかる技術料というのも全額自己負担になります。(健康保険対象外)

 

 

まとめ

 

がんになってしまっても早期発見であれば治療できる状況ですが、がんの治療にはお金がかかるという認識は持っておいたほうが良いと思います。

 

 

そういったことをすべて把握された上で、あなたにとってがん保険が必要ないと思えば加入する必要はないと思いますし、高額な治療費に対してお金の心配はしたくない・・・と感じるのであれば、やはりがん保険の必要性というのはあると思います。

 

 

まわりが入っているから私も入ろう・・・という考え方ではなく、あくまで『もし、自分ががんになってしまったら??』というふうに、誰のためにがん保険を考えるべきなのか?という視点で考えてみてくださいね!

 

 

少し長くなりましたが、以上が『がん保険の必要性』についてでした。
参考になれば幸いです。

 

おすすめの保険相談

【厳選黒毛和牛A5クラス プレゼント!】


⇒保険マンモスキャンペーン公式サイト

※ご近所のFPへの相談は無料ですのでご安心ください。


 


【信頼できるFPを指名できるサービス!】


⇒自分でFPを選んでみる!という方はこちら

関連ページ

がん保険の選び方
がん保険の選び方については大きく2つあると思っています。非常に重要なポイントなので参考にしてみてください!
がんに罹患すると精神的ショックが大きい
がんに罹患すると精神的なショックが大きいのはまちがいありません。
がん保険のキャンペーンはありますか?
がん保険のキャンペーンって何かあるのでしょうか?
がん保険って高齢者には必要なの?
がん保険は高齢者の人は必要なのか?という点について僕なりの意見をお伝えします!
がん保険に加入するタイミングはいつ?
がん保険に加入するタイミングはいつなのか?という点についてお伝えします!
がん保険の入院給付金について
がん保険の入院給付金についての『あれこれ』をお伝えします!
がん保険の通院保障をよくチェックするべし!
がん保険の通院は今後、重要なポイントになると思います!
がん保険の診断給付金(一時金)について
がん保険の診断給付金(一時金)についてお伝えします!
がん保険の先進医療について
がん保険の先進医療(特約)についてお伝えします!
がん保険の請求するタイミングって?
がん保険の請求するタイミングについてお伝えします!
がん保険にセカンドオピニオンって付いてるの?
がん保険にセカンドオピニオンサービスは付いているんでしょうか?という点についてお伝えします!
がん保険の告知書について
がん保険の告知書は各社で異なる部分でもあるので検討の際には事前に調べてみるといいかもしれませんね!
がん保険は支払われないの?
がん保険は支払われないのか?という疑問についてお答えします
がん保険と共済を比較してみよう!
がん保険と共済はどちらが良いのか?という点について比較してみましょう!
がん保険は人間ドック受けないと入れないの?
がん保険は人間ドック受けないと入れないの?と疑問に思う方も意外と多いので、その点についてお伝えします!
オリックス生命 ガン保険 ビリーブ
オリックス生命のガン保険『ビリーブ(Believe)』の特徴や保障内容などのポイントをお伝えします!
オリックスのビリーブは抗ガン剤治療に手厚い!?
オリックスのビリーブは抗ガン剤治療も対象になるのか調べたらあることに気づきました!
オリックス生命 がん初回一時金はどのように請求するのか
オリックス生命のがん初回一時金はどのように請求するのか?お伝えします!
がん診断給付金の診断書はいつ書いてもらうべきなのか?
がん診断給付金の診断書はいつ書いてもらうべきなのか?ということをお伝えしたいと思います。