がん保険 診断給付金

診断給付金とは?

がん保険の診断給付金(一時金)とは・・・

 

初めてがんと診断された時に一時金として支払われる給付金のことで、がん保険のメインの契約(主契約)になります。

 

 

通常、がん保険の保障内容でこの診断給付金(一時金)以外の給付金(=保険金)は基本的には退院後だったり、ある程度治療が落ちついた後に受け取ることが多いですが、この診断給付金(一時金)についてはがん(悪性新生物、上皮内新生物)と診断された時点で保険会社(もしくは担当者)に連絡すれば受け取ることが可能です。

 

 

その理由としてはがんの治療にお金がかかることが多いため、そういった治療費用に充ててもらい治療に専念してもらうために先に支払うということのようですね!

 

 

ちなみにがん(悪性新生物、上皮内新生物)は以下になります。

分類項目

基本分類コード

(1) 口唇、口腔および咽頭の悪性新生物

C00〜C14

(2) 消化器の悪性新生物

C15〜C26

(3) 呼吸器および胸腔内蔵器の悪性新生物

C30〜C39

(4) 骨および間接軟骨の悪性新生物

C40〜C41

(5) 皮膚の黒色腫およびその他の悪性新生物

C43〜C44

(6) 中皮および軟部組織の悪性新生物

C45〜C49

(7) 乳房の悪性新生物

C50

(8) 女性生殖器の悪性新生物

C51〜C58

(9) 男性生殖器の悪性新生物

C60〜C63

(10)腎尿路の悪性新生物

C64〜C68

(11)眼、脳およびその他の中枢神経系の部位の悪性新生物

C69〜C72

(12)甲状腺およびその他の内分泌腺の悪性新生物

C73〜C75

(13)部位不明確、続発部位および部位不明の悪性新生物

C76〜C80

(14)リンパ組織、造血組織および関連組織の悪性新生物

C81〜C96

(15)独立した(原発性)多部位の悪性新生物

C97

(16)上皮内新生物

D00〜D09

(17)真正赤血球増加症<多血症>

D45

(18)骨髄異形成症候群

D46

(19)リンパ組織、造血組織および関連組織の性状不詳または不明のその他の新生物(D47)のうち、
・慢性骨髄増殖性疾患
・本能性(出血性)血小板血症

D47.1

D47.3

 

がん保険診断給付金はいくら必要?

では、がん保険診断給付金はいくら付けるべきでしょうか?

 

 

よくいろんな保険会社のがん保険のパンフレットを見てみると大概は診断給付金(一時金)は100万となっていますが、この金額の根拠は分かりません。保険会社もアホじゃないので、過去のデータなどから平均的な数字を割り出してはいると思うのですが、単純にパンフレット上で100万円が分かりやすいから・・・もしかするとそんな理由かもしれませんw

 

 

ですが正直にいうと、がんになってしまった場合、やっぱりお金はいくらあっても構わない!というか・・・多ければ多いほど良い!というのが僕個人的な意見です。

 

 

実際に僕の身内が以前がんになったことあり、入院、手術、退院後の通院治療などしましたが、正直お金が非常にかかりました。その時も100万円の診断給付金(一時金)でしたが、ギリギリ・・・もしくは少し足りないという状況でした。

 

 

そう考えると、診断給付金(一時金)というのは大いに越したことはないと思います。

 

 

ただ、金額を多くすればするほど保険料は非常に高くなりますので、そのあたりは各自の予算に合わせて設定するしかないのかなと思います。

 

がん保険診断給付金は何度でも出るの?

では、がん保険の診断給付金(一時金)は何度でも出るか?回数に制限があるのか?など、このあたりのことは気になる点だと思います。

 

 

この部分についてすべての保険会社がそうなのかは確認する必要はあると思いますが、基本的に2年に1回を限度として何回でも出ます。(=回数は無制限)

 

 

ただし、この部分も会社によって、

 

  • 診断されてから2年経過したあとの再発が出るのか?
  •  

  • 1度目のがんに対しての治療を終わってから2年経過が条件なのか?

 

このあたりは、やはり事前にきちんと確認したほうが良いと思います。

 

 

非常に細かい部分ですが、こういった細かい部分を思い込みで契約すると、後々そういった状況がきた時に思っていた結果と違う結果になりかねませんので非常に重要です。また併せて確認しておいたほうがいい項目としては、上皮内新生物の場合にいくら出るのか?ということです。

上皮内新生物とは・・・『上皮内がん』、『上皮内腫瘍』とも呼ばれていて、その言葉のとおり上皮の中のとどまっている状態で深い部分にまで浸潤していない状態のことを指します。また、治療を行えば転移や再発の可能性はほとんどないと言われています。
とあるので正確には違いますが、がんになる前のようなイメージだと分かりやすいかもしれません。

 

 

なので保険会社によっては、がん(悪性新生物)の時に支払われる金額と上皮内新生物の時に支払われる金額が大きく違う場合もあったります。

 

 

上皮内新生物で支払われる金額が、がん(悪性新生物)と同じなのか?半分なのか?もしくは10%程度なのか?このあたりもきちんと確認しておいたほうが良いと思います。(ここは各社で大きく違うと思います。)

 

がん治療給付金と診断給付金(一時金)の違いは?

現在は診断給付金(一時金)ではなく『がん治療給付金』というものもあります。一見、同じように見えるので混同しますが、厳密に言うと違います。

 

  • がん診断給付金(一時金)

    初めてがんと診断された時に受け取れる一時金

  •  

  • がん治療給付金

    入院・通院にかかわらず、公的医療保険制度の給付対象となる所定の三大治療のいずれかひとつでも治療を受けられた時に支払れる給付金(各社によって違うので確認する必要あり)

 

診断給付金(一時金)は最初しか貰えないものに対し、がん治療給付金は条件はあるものの、がんの治療のために毎年受け取れる給付金といえますね。ちなみにメットライフのガードエックスという商品は、1年に1回を限度に支払事由に該当するたびに通算5回まで支払われるようです。

 

 

がん保険 診断給付金(一時金) まとめ

このようにがん保険の診断給付金(一時金)というのは診断された時に受け取ることができるものですが、その目的は治療費に充ててもらうためのもの。

 

 

ただ最近は、通院での治療というものも非常に多いので、『がん治療給付金』のような通院でも長引く治療に対応できる保障内容になっているものも見かけます。このあたりも、保険料と保障内容のバランスによるかと思いますが、非常に大切な部分なので検討する際は事前にきちんと確認するほうがいいと思います。

 

 

先程もお伝えしましたが、がんの治療というのは思った以上にお金がかかる印象です。

 

 

そのため治療費として確保できるお金は多ければ多いほどがん治療に専念できると思います。治療には専念したい・・・でもお金が・・・なんてことは現実的によくある話だと思いますし、実際に消費者金融から借金する人のなかで治療費が払えないから・・・という人は多いと聞きます。

 

 

他人事と思われるかもしれませんが『明日は我が身』という気持ちで考えてほしいと本当に心から思います。

 

 

長くなりましたが、以上が『がん保険 診断給付金(一時金)』についてでした。
参考になれば幸いです。

おすすめの保険相談

【厳選黒毛和牛A5クラス プレゼント!】


⇒保険マンモスキャンペーン公式サイト

※ご近所のFPへの相談は無料ですのでご安心ください。


 


【信頼できるFPを指名できるサービス!】


⇒自分でFPを選んでみる!という方はこちら

関連ページ

がん保険の選び方
がん保険の選び方については大きく2つあると思っています。非常に重要なポイントなので参考にしてみてください!
がんに罹患すると精神的ショックが大きい
がんに罹患すると精神的なショックが大きいのはまちがいありません。
がん保険のキャンペーンはありますか?
がん保険のキャンペーンって何かあるのでしょうか?
がん保険の必要性について
がん保険の必要性についてお伝えします!
がん保険って高齢者には必要なの?
がん保険は高齢者の人は必要なのか?という点について僕なりの意見をお伝えします!
がん保険に加入するタイミングはいつ?
がん保険に加入するタイミングはいつなのか?という点についてお伝えします!
がん保険の入院給付金について
がん保険の入院給付金についての『あれこれ』をお伝えします!
がん保険の通院保障をよくチェックするべし!
がん保険の通院は今後、重要なポイントになると思います!
がん保険の先進医療について
がん保険の先進医療(特約)についてお伝えします!
がん保険の請求するタイミングって?
がん保険の請求するタイミングについてお伝えします!
がん保険にセカンドオピニオンって付いてるの?
がん保険にセカンドオピニオンサービスは付いているんでしょうか?という点についてお伝えします!
がん保険の告知書について
がん保険の告知書は各社で異なる部分でもあるので検討の際には事前に調べてみるといいかもしれませんね!
がん保険は支払われないの?
がん保険は支払われないのか?という疑問についてお答えします
がん保険と共済を比較してみよう!
がん保険と共済はどちらが良いのか?という点について比較してみましょう!
がん保険は人間ドック受けないと入れないの?
がん保険は人間ドック受けないと入れないの?と疑問に思う方も意外と多いので、その点についてお伝えします!
オリックス生命 ガン保険 ビリーブ
オリックス生命のガン保険『ビリーブ(Believe)』の特徴や保障内容などのポイントをお伝えします!
オリックスのビリーブは抗ガン剤治療に手厚い!?
オリックスのビリーブは抗ガン剤治療も対象になるのか調べたらあることに気づきました!
オリックス生命 がん初回一時金はどのように請求するのか
オリックス生命のがん初回一時金はどのように請求するのか?お伝えします!
がん診断給付金の診断書はいつ書いてもらうべきなのか?
がん診断給付金の診断書はいつ書いてもらうべきなのか?ということをお伝えしたいと思います。