保険会社 トラブル

知り合いから入っても結局これじゃね・・・

今回、ご紹介する実際の事例はこちら。
>>母親の知り合いから不本意ながら入ってしまったAさんのトラブル

 

 

どうですか?ここまでくれば結構参りますよ。おそらく寝ても覚めても解決するまでは、このトラブルのことから解放されることはありません。正直、非常にしんどいと思います。

 

 

では、今回のトラブルを見てあなたならどうすべきだったと思いますか?

 

 

一番のポイントは結局ココですよね?

6年前、高額な保険料(年払いで百万単位)の保険に、親の知り合いの営業職員絡みで、不本意ながら加入しました。

 

親の知り合いだということのようで、子供ながらに親の顔を立ててあげたい・・・そんな想いからなのでしょう。その気持ちは痛いほど分かります。この想い自体は普通の感覚ですので、この部分が悪いというわけではありません。ですが、親を想う気持ちと保険というお金が絡む話を混同させてしまったという点は、やはり間違いだと思います。ましてや、

 

その営業職員は、超大手の生保の生保レディで成績がよく、社長を「XXちゃん!」と呼び、地元(田舎)ではちょっとした名士です。
田舎のオバチャンである私の母は、その営業職員に心酔しており、私に「Aさん(営業職員)の保険に入りなさい」「どんな保険かはAさんに任せなさい。絶対に逆うな」と言われました。

 

こういった生保レディの方はいるでしょう。ですが、今回のケースで一番ネックになっていたのがAさんのお母さんが生保レディに心酔していたことでしょう。また、

 

私が60歳になったら毎月5万円ずつ入る。保険料は一時払いという話でした。

 

という部分もプロではないお母さんが説明すること自体も問題ですし、その言葉を鵜呑みにしたAさんも問題です。更には、

 

私は東京に住んでいるので、Aさんとは一度も会わず、書類を書いて送りました。

 

対面募集が基本な業界で書類だけのやり取りで完結させていること自体も問題ですし、お金に関わる大切な話をそんなに簡単に済ませてしまうAさん自身はもっと問題だと思います。

 

 

その結果が結局、今回のトラブルの一番の原因なのでは?と感じてしまいます。

 

 

たしかにお母さんとの間に溝を作りたくないという親思いな考えから加入を決断されたのだと思いますが、ただ、この生保レディのことを深く知っているわけでもないし、そういった人に大金を預けること自体どうかと思うのです。そして、結果的に保険会社の上の人間もでてきますが結局は『あーだこーだ』言われて丸めこもうとしてきます。

 

 

正直、トラブルが起きた時ってこんなもんです。保険会社が”非”を認めないケースというのは普通にある話です。では、このAさんがどうするべきだったのかというと、やはり自分の大切なお金を預ける人をAさん本人が自分自身で決めなかったことではないでしょうか?

 

 

今回のトラブルを見て、生保レディや保険会社の人間がやっていることも許しがたい行為ですが、その前にAさん自身がもっと信頼のできる優秀な担当者に相談をしていれば、こういったトラブルには発展しなかったという事例です。

 

 

あなたの大切なお金に関わる話です。軽い気持ちで済ませられるほど簡単な話ではないです。是非、そのあたりのことを考えて保険の相談についてはお考えください。それが、あなたのためでもあると思っています。

おすすめの保険相談

【厳選黒毛和牛A5クラス プレゼント!】


⇒保険マンモスキャンペーン公式サイト

※ご近所のFPへの相談は無料ですのでご安心ください。


 


【信頼できるFPを指名できるサービス!】


⇒自分でFPを選んでみる!という方はこちら

関連ページ

保険会社にカモにされてる事例
保険会社のカモにされた事例ですが、実際にはザラにあります。
相続対策しないともめるよ・・・
こちらは相続対策をしていないためにトラブルになっているケースです。
資産家じゃなくても揉めますけどね!
遺産相続は資産家じゃなくても普通に揉めますよ・・・あなたは大丈夫ですか?
不利益な契約を結ばされました
不利益な契約を結ばされたという実際にあったトラブル事例から考えてみます。
保険料を手伝うからなんて口車に乗せられたトラブル
保険料を加勢するからなんて言われて契約した結果がこの結果。最低ですな。
生命保険、医療保険は入らなくてもいい?
夫(旦那さん)が保険に非協力的なところって意外と多いようですね・・・あなたのところはどうですか?