リフォーム 選び方

リフォーム 選び方

今回は生命保険とまったく関係ないお話です。というのも先日、マイナス金利政策の施工に伴い住宅ローンを受ける方は恩恵に授かるかも?的なことを書きました。

 

>マイナス金利で住宅ローンはよりお得!

 

 

で、住宅ローンといえば”新築”ということが前提ですが、よくよく考えてみると今回のマイナス金利でリフォームする人も多いのかな??なんて思ったもので、今回はそんな方に是非伝えておいたほう良い情報をと思いまして^^

 

 

僕はまだリーフォームをしたことはないのですが、ゆくゆくリフォームしたいな・・・という箇所は自宅の中にいくつかあります。ですが、リフォームを考える際に多くの方で一番困るのが”業者選び”ではないでしょうか?

 

 

実際に少し前にリフォームのことについていろいろと調べてみると、今回の”業者選び”に関しては本当に悩んでいる方が多いという印象を受けるほどリフォーム業者の選び方というのは重要なポイントだと感じました。そして、実際に業者によって金額が大きく違うことも知りました。なぜ、金額に大きな差が出るのか?はリフォーム業界の仕組みにあるようですが、実はこういったことを知らずにリフォームを依頼してしまうと結果的に大きな損をしてしまうこともあるようです。

 

 

知人の業者にお願いをする場合もそうです。その知人業者が本当に優良な方で妥当な金額でリフォームをしてくれるかもしれません。ですが、その金額自体が妥当なのかどうか?を判断する術がそもそもないですよね・・・。本当に妥当かもしれないし、そうでないかもしれない・・・。正直、答えを知ることはできません。

 

 

ただ、リフォーム業界においてこういったことは当たり前のようですね。そして、こういった業界の事情を知っているか?知らないか?というだけで、結果に大きな差が生まれるようです。

 

 

そこで今回、この記事をお読みのあなたに朗報をお伝えしたいと思います。これから、もしくは近い将来、リフォームを考えているという方は是非、ご覧になっていただきたい資料があるんです。それがこちら。

 

『リフォームの青本』

 

 

 

 

『外壁塗装の赤本』

 

 

この上記2つの冊子は本当によくできていると思います。リフォーム全般な青本と外壁塗装に限定された赤本で、それぞれの目次を見ていただくと分かるかと思いますが、事前に必ず知っておいたほうが良いことがこの冊子にすべて書かれています。また、実際に利用された方の生の声も直筆で書かれたものが掲載されていて、その1つ1つを読むと本当にその時の現場が目に浮かぶようです。それだけでこの冊子の価値があることがよく分かります。

 

 

書店でもこういったリフォーム関連の書籍も販売されていると思います。ですが、一般販売しているものはトラブルを起こさないために過激な内容は極力避けられており、消費者の立場として本当に知りたいと思うことが書かれていないものが多いのも事実です。ですが、この冊子にはそういった消費者の立場として本当に知りたいことをあますことなく書いてあり、知らなければ本当に損をすると思える内容が盛りだくさんなんですよね。

 

 

では、非常によくできたこの冊子、一体いくらだと思いますか?

 

 

実は無料なんです(笑)

 

 

これにも正直おどろきました。無料でこれだけの内容のものもそうないのではないでしょうか。下手な書籍を購入するよりずっと価値がると感じます。決して『安かろう悪かろう』ではなく無料でも素晴らしい内容であることは確かです。それほどの冊子だと個人的には感じています。

 

 

現在、リフォームを検討されている方、また今後、リフォームをする予定のある方などは是非、今回の青本、赤本を無料で取り寄せて読んでください。きっと、事前に読んでおいて良かった!と感じると思います。資料は下記サイトから取り寄せられます。

 

 

>>無料ガイドブック2冊セットを請求する!<<

 

 

今回は生命保険とまったく関係のない話ですが、先日のマイナス金利による金利の引き下げに関係する話かと思って書きました。それに、リフォームについても生命保険同様、あなたの大切なお金に関わる話なので、少なくとも何かの縁あって僕のサイトに来てくださっている方に”損”してほしくない・・・という想いで今回はこんな記事になりました。

 

 

というわけで『知らないと損をするリフォーム業者の選び方』についてでした。
参考になれば幸いです。

おすすめの保険相談

【厳選黒毛和牛A5クラス プレゼント!】


⇒保険マンモスキャンペーン公式サイト

※ご近所のFPへの相談は無料ですのでご安心ください。


 


【信頼できるFPを指名できるサービス!】


⇒自分でFPを選んでみる!という方はこちら

関連ページ

地域密着型が良いなら保険代理店もおすすめ!
地域密着型のサービスを受けたい方は保険代理店で相談するのもオススメですよ!その理由をお伝えします。
保険の仕事も様々ですよ!
保険の仕事って一体どんな仕事があるのでしょうか?実は意外と様々ですよ。
がん免疫療法とは
“第4のがん治療”として注目されているの免疫療法についてお伝えします。
がん免疫治療の費用って高いの?
がん免疫治療の費用について調べてみました!
がん免疫治療は詐欺じゃないのか?
がん免疫治療は詐欺なのか?詐欺じゃないのか?気になるところです。
保険業法の改正で保険業界は変わる?
平成28年5月より保険業法の改正に伴い業界が大きく変わるかもしれません。保険業法の改正とはどういったものなのかを分かりやすく伝えたいと思います!
残念!FPの面談をキャンセルした事例
FPへの面談を申込んだものの面談前にキャンセルをする人もいるようです。実際にあった事例やそうならないための方法についてお伝えします。
マイナス金利で住宅ローンはよりお得!
マイナス金利で住宅ローンはますますお得になりますね!
住宅ローン借り換えの時にしたほうが良い保険見直しとは?
住宅ローンの借り換え時に必ずしておきたい保険見直しとは?
ローンは苦しいけど安易な保険解約は危険!
ローンが苦しいからといって安易な保険解約は逆に危険。何が一番いい方法なのでしょうか?
入りたくても入れなくなるのが保険
生命保険。入りたくても入れない・・・そうなる前に読んでほしいです。
家計が苦しいのに保険に入る必要があるのか?
家計が苦しいのに保険に入る必要があるのか?という問いに対してはやはりこう答えますね。
診療報酬改定(2016)から生命保険を考える!
診療報酬改定の最新情報(2016年版)をもとに色々と考察してみました。
保険担当を変えたいと思っている人は実は多い!?
保険担当者を変えたいと思っている人はお読みください!
保険会社担当がころころ変わることであなたに起こるリスクとは?
保険会社担当がころころ変わることであなたに起こるリスクとは一体なにがあるでしょうか?とても大切なことをお伝えします。
保険料を下げたい人がしなければいけないこととは?
保険料を下げたい…保険料が高いと感じている人がしなければいけないこととは?
入院費用が払えない人は意外と多い!
入院費用が払えない人って結構多いようです。そうならないためにも前もって準備しておきましょう!
相続税の改正で課税対象者が増える?
相続税の改正でますます厳しい状況になる方が増えるかもしれません。やはり早めの対策が必要ではないでしょうか?
相続税が払えないでは済まされない
相続税が払えない事態に陥る方もいるようですね・・・。他人事じゃないです。
外貨建て保険商品は教育資金積立には向き?不向き?
外貨建ての保険商品は教育資金積立に向いているのか?不向きなのか・という点についてお伝えします!
老後破綻を防ぐためにすべきこととは?
老後の生活を波状させないためにすべきことはただ1つだけです!
老後資金はいくら必要なのか?
老後資金はいくら必要なのか?が今回のテーマになります。
高額療養費制度は知らないと損!
高額療養費制度はとてもありがたい制度です。ぜひ知っておきましょう!
家計が苦しい時はまずは保険を見直そう!
家計が苦しい時にはまずは保険を見直すと即効性があって効果的ですよ!
セカンドオピニオンって何ぞや?
セカンドオピニオンについて分かりやすく簡単にお伝えします!
節約トラベル術を活用しよう!
『家計』に関連する記事になります!参考になれば幸いです!
ネット通販の賢い利用方法とは?
ネット通販を賢く使うための利用方法紹介します!
断捨離とは自分の人生を楽しく生きるための考え方!
『断捨離』に関連する記事になります!参考になれば幸いです!
予算を決めることで無駄遣いは改善される!
『節約』に関連する記事になります!参考になれば幸いです!
自転車保険は必要?必要ない?
自転車保険は必要なのか?必要ないのか?ということについてお伝えします!
火災保険の値上げについて
火災保険の値上げについて概要や対策ポイントをお伝えします!
熊本で震度7の地震が発生!
2016年4月14日の午後9時26分頃、熊本県で震度7の地震が発生しました。このことから地震保険について考えてみたいと思います。
地震が起きたときの利益は保険で補償できるのか?
地震が起きた時の利益(休業損害)は保険で補償できるのか?
保険料払込免除特約とは?
保険料払込免除特約についてご伝えしたいと思います!
夫に保険加入を理解されないのは何故?
夫に保険加入を理解されないと悩む奥様へアドバイス!
保険の代わりに貯金じゃダメなの?
保険の代わりに貯金しよう!と考えている方に向けて重要なことをお伝えします。
外貨保険の豪ドルと米ドルではどちらが良いの?
外貨保険で豪ドルと米ドルどちらがよいですか??って考えるよりもはるかに大切なことをお伝えします!