老後資金 いくら必要

老後資金 いくら必要

今回のテーマはこちら。

 

 

『老後資金はいくら必要なのか?』

 

 

先日もこちらの記事で書きましたが、若い世代の方にとっては老後の生活については非常に深刻な問題だと思います。では、そんな不安な老後生活に必要な老後資金って一体いくらほど必要なのか?という点については非常に気になるところではないでしょうか?

 

 

では、夫婦という場合においての老後資金はいくらほど必要なのか?というてことでお伝えします。

 

 

”最低日常生活費”は平均22万円

生命保険文化センターのHPによると、夫婦2人が老後生活を送るうえで必要と考える最低日常生活費は平均22.0万円と書かれています。ご覧いただくとお分かりいただけるように、この結果はあくまで平均の数字です。金額ごとで分けた場合は「20〜25万円未満」が32.3%と最も多いですが、実際にはそれ以上必要と考える人の割合は実に多いですね。

 

 

では、一方でゆとりある老後生活費はいくらのか?という点についてはどうでしょうか?

 

 

”ゆとりある老後の生活費”は平均35.4万円

こちらも上記の生命保険文化センターのHPをご覧ください。ゆとりある老後の生活費というのは平均で35.4万円となっていますね。ただ、これもあくまで平均の数字なので当然、この金額よりも多いと考える夫婦も少なくないようです。

 

 

老後といえば、子育てや仕事などをひととおり終えて残りの人生を夫婦でゆっくりと過ごす貴重な時間ですから、それなりに余裕のある生活がしたいと考える方が多いのかもしれませんね。

 

 

ただし、人によって考え方は異なるということ!

先ほどもお伝えしましたが、上記金額はあくまで平均の数字です。当然、各世帯で収入は異なるし老後になっていきなり生活水準を落とせるのか?というと正直、簡単には生活は変えられないというのが現実だと思います。

 

 

ただ、老後の生活を細々と過ごすのか、ゆとりのある生活を送るのかは結局のところ、あなた自身がどれだけ早くから老後の資金の蓄えを始めたかどうか?ではないかと思います。

 

 

当ブログは保険という観点での記事が多いですが、老後資金を蓄える方法は実際にいくつもあります。その中で、保険商品というのは比較的そこそこの水準(ミドルリスクミドルリターン)で貯めていくことができるというだけの話であって、何も保険がすべてではありません。それこそ、ハイリスクハイリターンのものもありますし、貯金(ローリスクローリターン)で貯めれるのであればそれはそれで良いと思います。

 

 

目的は老後資金を貯めることなので、ぶっちゃけその手段(方法)というのは、あなたに合うやり方で構わないんじゃないでしょうか?

 

 

老後資金 いくら必要 まとめ

老後資金がいくら必要なのか?という点については生命保険文化センターHPで記載があるように、「最低日常生活費」は平均22万円、「ゆとりある老後の生活費」は平均35.4万円となっています。

 

 

ただし、各世帯でイメージする老後資金というのは異なりますので、あなたがイメージする老後資金がいくらほどなのか?という点についてはやはり、直接、専門家に相談してより具体的なイメージをするほうが良いでしょう。そういう意味では当ブログでも紹介している【FPのチカラ】は利用価値があるのではないかなと感じています。

 

 

以上が『老後資金はいくら必要なのか?』についてでした。
参考になれば幸いです。

おすすめの保険相談

【厳選黒毛和牛A5クラス プレゼント!】


⇒保険マンモスキャンペーン公式サイト

※ご近所のFPへの相談は無料ですのでご安心ください。


 


【信頼できるFPを指名できるサービス!】


⇒自分でFPを選んでみる!という方はこちら

関連ページ

地域密着型が良いなら保険代理店もおすすめ!
地域密着型のサービスを受けたい方は保険代理店で相談するのもオススメですよ!その理由をお伝えします。
保険の仕事も様々ですよ!
保険の仕事って一体どんな仕事があるのでしょうか?実は意外と様々ですよ。
がん免疫療法とは
“第4のがん治療”として注目されているの免疫療法についてお伝えします。
がん免疫治療の費用って高いの?
がん免疫治療の費用について調べてみました!
がん免疫治療は詐欺じゃないのか?
がん免疫治療は詐欺なのか?詐欺じゃないのか?気になるところです。
保険業法の改正で保険業界は変わる?
平成28年5月より保険業法の改正に伴い業界が大きく変わるかもしれません。保険業法の改正とはどういったものなのかを分かりやすく伝えたいと思います!
残念!FPの面談をキャンセルした事例
FPへの面談を申込んだものの面談前にキャンセルをする人もいるようです。実際にあった事例やそうならないための方法についてお伝えします。
マイナス金利で住宅ローンはよりお得!
マイナス金利で住宅ローンはますますお得になりますね!
住宅ローン借り換えの時にしたほうが良い保険見直しとは?
住宅ローンの借り換え時に必ずしておきたい保険見直しとは?
知らないと損をするリフォーム業者の選び方
一番頭を悩ますリフォーム業者の選び方。これを知らないと”損”をします。
ローンは苦しいけど安易な保険解約は危険!
ローンが苦しいからといって安易な保険解約は逆に危険。何が一番いい方法なのでしょうか?
入りたくても入れなくなるのが保険
生命保険。入りたくても入れない・・・そうなる前に読んでほしいです。
家計が苦しいのに保険に入る必要があるのか?
家計が苦しいのに保険に入る必要があるのか?という問いに対してはやはりこう答えますね。
診療報酬改定(2016)から生命保険を考える!
診療報酬改定の最新情報(2016年版)をもとに色々と考察してみました。
保険担当を変えたいと思っている人は実は多い!?
保険担当者を変えたいと思っている人はお読みください!
保険会社担当がころころ変わることであなたに起こるリスクとは?
保険会社担当がころころ変わることであなたに起こるリスクとは一体なにがあるでしょうか?とても大切なことをお伝えします。
保険料を下げたい人がしなければいけないこととは?
保険料を下げたい…保険料が高いと感じている人がしなければいけないこととは?
入院費用が払えない人は意外と多い!
入院費用が払えない人って結構多いようです。そうならないためにも前もって準備しておきましょう!
相続税の改正で課税対象者が増える?
相続税の改正でますます厳しい状況になる方が増えるかもしれません。やはり早めの対策が必要ではないでしょうか?
相続税が払えないでは済まされない
相続税が払えない事態に陥る方もいるようですね・・・。他人事じゃないです。
外貨建て保険商品は教育資金積立には向き?不向き?
外貨建ての保険商品は教育資金積立に向いているのか?不向きなのか・という点についてお伝えします!
老後破綻を防ぐためにすべきこととは?
老後の生活を波状させないためにすべきことはただ1つだけです!
高額療養費制度は知らないと損!
高額療養費制度はとてもありがたい制度です。ぜひ知っておきましょう!
家計が苦しい時はまずは保険を見直そう!
家計が苦しい時にはまずは保険を見直すと即効性があって効果的ですよ!
セカンドオピニオンって何ぞや?
セカンドオピニオンについて分かりやすく簡単にお伝えします!
節約トラベル術を活用しよう!
『家計』に関連する記事になります!参考になれば幸いです!
ネット通販の賢い利用方法とは?
ネット通販を賢く使うための利用方法紹介します!
断捨離とは自分の人生を楽しく生きるための考え方!
『断捨離』に関連する記事になります!参考になれば幸いです!
予算を決めることで無駄遣いは改善される!
『節約』に関連する記事になります!参考になれば幸いです!
自転車保険は必要?必要ない?
自転車保険は必要なのか?必要ないのか?ということについてお伝えします!
火災保険の値上げについて
火災保険の値上げについて概要や対策ポイントをお伝えします!
熊本で震度7の地震が発生!
2016年4月14日の午後9時26分頃、熊本県で震度7の地震が発生しました。このことから地震保険について考えてみたいと思います。
地震が起きたときの利益は保険で補償できるのか?
地震が起きた時の利益(休業損害)は保険で補償できるのか?
保険料払込免除特約とは?
保険料払込免除特約についてご伝えしたいと思います!
夫に保険加入を理解されないのは何故?
夫に保険加入を理解されないと悩む奥様へアドバイス!
保険の代わりに貯金じゃダメなの?
保険の代わりに貯金しよう!と考えている方に向けて重要なことをお伝えします。
外貨保険の豪ドルと米ドルではどちらが良いの?
外貨保険で豪ドルと米ドルどちらがよいですか??って考えるよりもはるかに大切なことをお伝えします!