オリックス生命 ファインセーブ

オリックス生命『ファインセーブ』について


※2015年7月時点のパンフレットです。

 

 

オリックス生命の代表的な死亡保険『ファインセーブ(Fine Save)』について保障内容や特徴など、ポイントをお伝えします!(※よく、オリックス生命のファインセーブとブリッジの違いは何だろう?という方がいますので、その違いについてはこちらの記事に書いています。)

 

 

個人的にはこのファインセーブは非常にオススメです!保障内容も非常にシンプルで、そして何より保険料が非常に安いです。死亡保険といえば定期保険と終身保険がありますが、このファインセーブは定期保険になり、その中でも他社の定期保険と比べるととても大きな違いがあるんです。その部分は後ほどお伝えします(笑)

 

 

また掛け捨てになりますが、保障を必要とする人にとってはリーズナブルな金額で加入できるので死亡保険を検討される際はファインセーブは入れておいて損はないと思いますよ^^

 

 

⇒とりあえず資料請求しておく!

 

 

では、保障内容や特長などを見てみましょう。

 

解約返戻金をなくして保険料をダウン!

まず、この部分は大きなポイントです。保険料については本当に他社の死亡保険と比べても安いんじゃないでしょうか。

 

 

冒頭お伝えしたとおり、死亡保険には大きく定期タイプのものと終身タイプのものがあります。そして、基本的に定期タイプは解約返戻金がなく保険料は安い(=掛け捨てだから)、終身タイプには解約返戻金があり保険料が高いと言う仕組みになっています。ここが大きな違いになります。

 

 

ちなみに、ファインセーブは定期タイプになりますが、おそらく定期タイプの死亡保険の中でみても保険料の安さという点ではかるく上位に入る商品だと思います。それくらい保険料の安さというのはこのファインセーブの大きな特長ではないかと思います。

 

 

そしてもう1つの大きな特長が次になります。

 

保険期間と保険金額をニーズに合わせて選べます

ファインセーブは『歳満了』といって年齢で保険期間を設定する方法と『年満了』といって年数で保険期間を設定する2つの方法があります。ちなみにこんな感じです。

 

歳満了・・・60歳、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳満了。
年満了・・・10年、15年、20年、25年、30年、35年満了。

 

ただ、この歳満了にしても年満了にしても、この方法は他の保険会社の死亡保険にもあるので特別ではありません(笑)

 

 

では一体、どの部分が他社にはない大きな特長かというと、最高90歳まで更新できるという点です。

 

 

これって実は結構すごいことで、定期タイプの死亡保険というのは最高で80歳までの保障というのが一般的なんです。保険会社によっては10年の更新タイプで加入している場合、最後の更新の際、残りの保険期間が10年未満の場合は更新ができないという会社もあるほどです。(例えば、75歳が更新時期の場合、80歳までは残り5年しかないので更新ができないという意味。)

 

 

そして一般的な80歳までしか更新できないというのは非常に良くできていて、実際に80歳というラインを境に死亡率というのは急激に上がるんです。要は死亡する確率が上がる時期に保障がないということなんです!

 

 

どうですか?こう考えると90歳まで更新できる(=保障がある)ことはすごいと思いませんか?

 

 

もちろん今は長生きされる方も非常に多いので90歳以上長生きされた場合には同じように90歳以降は保障はなくなるわけですが、それにしても終身タイプ(解約返戻金がある)よりもかなり割安な保険料で加入できて、同じ定期タイプの死亡保険の中でも90歳までの保障があるというのは、おそらくこのファインセーブだけではないでしょうか?(実際に保険業界の中でも非常に評判のいい商品です!)

 

 

この、90歳まで保障があるという部分こそがファインセーブの一番の特長だと思います。

 

 

>>ファインセーブの資料請求はこちら<<

 

 

オリックス生命『ファインセーブ』 まとめ

オリックス生命『ファインセーブ』のポイントは2つ。

  1. 保険料が安い
  2. 最高90歳まで更新できる

この部分は他社と比較してもファインセーブにしかない特長だと思います。

 

 

設計の仕方は90歳満了という形でするのも良し、お葬式代程度の金額であれば10年更新という形でも良し、また大きな保険金額であれば、10年ごとの更新時期に減額して保険料を調整していくのも良し、他の保険商品と組み合わせるのも良しと、いろんな形の設計が非常にお手頃な金額で準備できると思います。このあたりの設計については、各自の考えや保険の担当者になられる方の考えもあるので色々とあなた自身に合った設計方法を考えてみてください!きっとピッタリな設計ができるはずです^^

 

 

また、まずは資料請求して中身をチェックしてみたい!という方はこちらで資料請求(無料)できますので事前に保障内容をチェックされてみるのも良いかと思います^^(オリックス生命の資料はすべて請求できます)

 

 

以上が『オリックス生命 ファインセーブ』についてでした。
参考になれば幸いです。

おすすめの保険相談

【厳選黒毛和牛A5クラス プレゼント!】


⇒保険マンモスキャンペーン公式サイト

※ご近所のFPへの相談は無料ですのでご安心ください。


 


【信頼できるFPを指名できるサービス!】


⇒自分でFPを選んでみる!という方はこちら

関連ページ

定期付終身保険について(重要)
定期付終身保険の仕組みや見直しのポイントなどについてお伝えします!
定期付終身保険を払済に変更する
定期付終身保険をに払済に変更するという奥の手もあります!ここでは払済保険についてお伝えします。
ファインセーブとブリッジの違いとは?
オリックス生命のファインセーブとブリッジの違いについて簡単にお伝えします!
90歳まで保障がある一番安い定期保険とは?
90歳まで保障がある一番安い定期保険ってなに?
ファインセーブ?終身保険?必ずもらえる死亡保険とは?
必ずもらえる死亡保険とは?疑問に感じている人もいるようなので、今回はそのあたりを書いてみます。