外貨建 終身保険,終身保険 外貨

外貨建て終身保険

 

外貨建ての終身保険についてお伝えしたいと思います。外貨建てと聞くと分かりにくいイメージをお持ちだと思いますので、今回はできるだけ分かりやすくお伝えしたいと思います。また細かい点などについては各社で違う部分もありますので各商品のパンフレットなど取り寄せて確認されてみてくださいね!

 

 

まず終身保険という商品は、円建てであろうが外貨建てであろうが、お客さんから預かった保険料を運用して上乗せされたものが最終的に解約返戻金として支払われることになります。だから貯蓄性がある商品と呼ばれるわけです。(参考:『終身保険とは』)
※保障として終身保険に加入される場合は解約返戻金はありません

 

 

はじめに、この部分を理解しておきましょう。

 

 

では、円建て商品と外貨建て商品の違いというのは何かと言うと、単純に円で運用されるか外貨で運用されるかの違いだけになります。外貨というと米ドル、豪ドル、ユーロなどになりますが、米ドルの商品であれば米ドルで運用され、ユーロであればユーロ、豪ドルであれば豪ドルで運用されるという仕組みになります。

 

 

では、外貨建て終身保険のメリット、デメリットはそれぞれどんなものがあるでしょうか?

 

 

外貨建て終身保険 メリット

為替差益がバカにできない

外貨建ての終身保険は為替の影響を非常に受ける商品になりますが、加入時の為替と解約返戻金を受け取る時の為替状況によっては非常に大きな恩恵を受ける場合があります。

 

例えば加入時が非常に円高で解約時が加入時に比べ大きく円安になっていた場合は、通常の運用されて増えたお金(解約返戻金)にプラスして為替差益というものがでてきます。特に外貨建ての一時払い終身保険などはまさに為替差益の恩恵を受ける商品と言えるかと思います。

 

例えば為替が1ドル=80円だった時に一時払い終身保険に加入して保険料10000ドルを入金したとします。単純にこの時預けた保険料は日本円で80万円ですね。そして分かりやすく解約した時の解約返戻金も10000ドルだった場合に解約時の為替が1ドル=120円だったらどうでしょうか?

 

単純に日本円にして120万になっているわけですね。(その差は40万w)

 

これが為替差益というものです。ここでは分かりやすいように預ける保険料(ドル)と解約返戻金の額(ドル)を同じにしましたが、普通は運用されたものが解約返戻金に反映してくるので増えた解約返戻金に為替差益が乗っかる形になるということです。

 

 

貯蓄性が高く保険料が安い

これは単純に日本の低金利に比べて金利の高い国で運用していくため貯蓄性という面では外貨建てのほうが有利といえると思います。また、予定利率(=割引率)が高いので同じ死亡保障額(正確には同じにはなりませんが)の場合でも保険料は安くなります。

 

 

リスク分散になる

これは投資家の方々はこういった考え方をする方が多いと思うのですが、円と外貨の両方の資産を持つことでリスクを分散することができます。また解約後も換金せずにそのまま外貨でもっておくことが可能なので、そのまま活用することもできます。資産を分けることで将来、様々な状況にも対応できるという点では良いかと思います。

 

 

以上がメリットになります。一方、デメリットはというと・・・

 

 

外貨建て終身保険 デメリット

為替のリスクがある

これは先ほどのメリットでもお伝えした部分ですが、加入時の為替よりも解約時が円高になっていた場合は受け取るお金が非常に少なくなるというリスクはあります。まさにハイリスクハイリターンですね。このあたりは自己責任になると思います。

 

また、為替の変動は毎日動くものなので、こういった部分を好む方にとっては楽しい部分かもしれませんが、やはり不安定な要素も大きいので将来、確実に受け通れる金額を把握されたい方にとっては不向きな商品と言えるかもしれません。

 

 

為替手数料がかかる

これは当たり前の話ですが、受け取った外貨を円に換算すると気には手数料がかかりますので、このあたりも事前に確認しておきましょう。(保険の担当者に聞けば教えてくれると思います。)ですので、受け取る解約返戻金から手数料を差し引いた金額が最終的な受取金額になるということです。

 

 

外貨建て終身保険 まとめ

このように外貨建ての終身保険というのは大きなメリットもある反面、大きなデメリットもあるわけです。そして、こういった外貨建ての商品に加入される方というのも向き不向きがあると思います。投資などが好きな方や興味のある方は良いかもしれませんが、そうでない方からするとまるで未知の世界・・・そんな印象を受けるかもしれません。

 

 

ただ、なかには知識のない方でも外貨建ての商品に興味がある方もいると思います。そういった方は必ず外貨建て終身保険の知識が高い方に相談するようにしましょう。ここは非常に大切な部分です。

 

 

最近は以前の円高のときほど外貨建ての終身保険は売れてないと思いますが、興味のある方は一度いろいろとお話を聞いてみると良いと思います。話を聞くだけでも非常に勉強になると思いますし、そういった知識をつけておくだけで今後、大きな為替の動きがあった時にはその恩恵を受けることができるかもしれません。

 

 

以上が『外貨建て終身保険とは?』についてでした。
参考になれば幸いです。

おすすめの保険相談

【厳選黒毛和牛A5クラス プレゼント!】


⇒保険マンモスキャンペーン公式サイト

※ご近所のFPへの相談は無料ですのでご安心ください。


 


【信頼できるFPを指名できるサービス!】


⇒自分でFPを選んでみる!という方はこちら

関連ページ

終身保険とは
終身保険の基本的な部分についてお伝えします!
終身保険の無料相談でおすすめは?
終身保険の無料相談でおすすめはココです!
終身保険の選び方
終身保険の選び方をシンプルにお伝えします!
終身保険は何歳から入るべき?
終身保険は何歳から入るべきでしょうか?ということに対して僕なりの意見を分かりやすくシンプルにお伝えします!
終身保険は何歳まで加入できるの?
終身保険は何歳まで加入できるかは保険料の払込期間によって違うんですよ!
終身保険と定期保険はどっちが良いの?
終身保険と定期保険の違いやどちらが良いのか?など考え方についてお伝えします!
終身保険と掛け捨て保険は目的ごとで使い分けよう!
終身保険と掛け捨て保険を比較しながらそれぞれの特徴などをお伝えします!
終身保険で葬式代を準備するのはぶっちゃけどうなの?
終身保険で葬式代を準備することはどうなのか?そのあたりについてお伝えしたいと思います!
終身保険は貯金代わりになるの?
終身保険が貯金代わりになるのか?ということについてお伝えしたいと思います。
終身保険で教育資金を準備する?
終身保険で教育資金の準備はできるの?という点についてシンプルにお伝えします!
終身保険の低解約返戻金型について
終身保険の低解約返戻金型とはどんな商品なのか?を簡単にお伝えします!
終身保険の最安値という考え方について
終身保険に最安値という考え方について僕なりの意見をお伝えしたいと思います!
終身保険の短期払いについて
終身保険の短期払いについて分かりやすくお伝えしたいと思います!
終身保険の払い済み保険とは??
終身保険の払い済み保険について簡単にお伝えします!そもそも何故、払い済み保険に変更するのでしょうか?
終身保険の積立利率変動型について
終身保険の低解約返戻金型とはどんな商品なのか?を簡単にお伝えします!
終身保険に満期はあるの?
終身保険に満期があると勘違いされている方が多いようなので勘違いされないためにもお伝えします!
終身保険の相場って?
終身保険の相場って一体どのくらいなのでしょうか?
終身保険で返戻金なしの商品はあるの?
終身保険で返戻金なしの商品が実は一社だけ存在します!
終身保険と養老保険の違いは?
終身保険の養老保険の違いやどちらの商品が良いのか??など、僕なりの意見をお伝えします!
終身保険の返戻金に税金はかかるの?
終身保険の返戻金には税金がかかるのでしょうか?実はほとんどかからないんですよ!
老後の備えを終身保険で準備する!
老後の備えを終身保険で準備しようかと検討中の方へ!
終身保険と共済はどちらを選ぶべき?
終身保険と共済で迷われている方向けに考え方の部分をお伝えしたいと思います!
為替が120円! 外貨建て生命保険は一時払いにすべきか?
為替が120円の場合は外貨建て商品は一時払いにすべきでしょうか?
終身保険で退職金を準備する際のポイント!
終身保険は退職金の準備として活用できるのか?という点について簡単にお伝えします!
FPは終身保険を何故勧めるのか?
FPの方が何故、終身保険を勧めてくるのか?気になる方が多いようですね。
豪ドル保険の今の状況はどうなの?
豪ドル保険の今の状況はどうなのでしょうか?
外貨建終身保険のリスクは?
外貨建終身保険のリスクについてズバリ!お伝えします。
なぜ外貨建て保険は保険マンモスよりFPのチカラがお勧めなのか?
外貨建て保険を相談するなら保険マンモスよりもFPのチカラがお勧めですよ!その理由とは?
終身保険は値上げになるの?
2017年4月からの標準利率の引き下げで終身保険にはどのような影響があるのでしょうか?値上げになるのか?それとも据え置きなのか?