終身保険とは

終身保険とは

終身保険とは一生涯保障が続く保険商品のことを言います。(保険期間が定められている商品は定期保険と呼びます。)そして現在は非常に加入者の多い保険商品でもあります。

 

 

そして大きな特徴が資産性がある(=お金が貯まる)ということ。

 

 

このお金が貯まるという特徴があるため色々な活用方法があるのですが、こちらでは大まかにそういった部分についてお伝えしたいと思います。また併せて、注意してほしいポイントもお伝えしますので参考にしてみてください!

 

終身保険の特徴

先程もお伝えしたように、終身保険というのはお金の貯まっていく商品です。お金が貯まっていくというのは解約返戻金があるということになります。従って解約をしなければ一生涯保障が続くことになり、解約をするとその時点で貯まっているお金が解約返戻金として支払われることになります。

 

 

まずは、この部分をよく理解しておきましょう。

 

 

では、上記の特徴を踏まえてどういった活用方法があるのかというと、一般的に多いのは相続税対策、学資保険の代替え商品、老後の資金を貯める、お葬式代などが挙げられます。ただ、お葬式代として活用する場合には注意してほしい点があり、その点については後ほどお伝えしますので是非、お読みください!

 

 

では順番に見ていきましょう。

 

相続税対策として活用する

相続税対策として活用される理由としては、こちらの『生命保険で相続税対策をしよう!』でも書いていますが、終身保険(=生命保険)を活用することで非課税枠を利用することができます。

 

 

これは同じ金額を死亡保険金と預貯金で比較した場合には一目瞭然ですが、終身保険(=生命保険)を活用したほうが圧倒的に税制面では優遇されています。そして、このあたりのことを知っている方は間違いなく相続税の対策として終身保険を活用されているわけですね。

 

 

平成27年1月からの相続税の改正(基礎控除額の減額と相続税の総額)を考えると今後、ますます相続税対策として終身保険を活用される方は増えてくると思います。

 

学資保険の代替え商品として活用

終身保険はお金が貯まるという性質から学資保険の代替え商品として活用される方も現在は非常に多いです。(参考:『学資保険の代わりに終身保険で準備?』)

 

 

その際には低解約返戻金型の終身保険を使うことになりますが、考え方によっては一般的な学資保険に加入するよりも終身保険で準備されるほうがいい場合もあります。このあたりについてはあなた自身の考え方による部分にはなりますが、学資を準備されるという目的に対して学資保険と終身保険の両方の話を聞いてみてどちらがあなたにとって最適なのかを検討する価値は十分にあると思います。

 

終身保険で老後の資金を貯める

老後の資金を保険商品で貯めるというと、イメージ的には『個人年金保険』などをイメージされる方が多いと思います。実際に個人年金保険が悪い商品だというわけではありませんが、実は老後の資金を貯めるなら終身保険を活用することのメリットは多かったりします。(参考:『老後の備えを終身保険で準備する!』)

 

 

1つが積立期間中に契約者にもしものことがあった場合、終身保険は死亡保険金が支払われますが、個人年金保険はそれまで積み立てた金額のみが支払われます。

 

 

そしてもう1つが税制面で優遇されているということです。積み立てている期間中(保険料を支払っている期間)はどちらも控除の対象(個人年金保険は個人年金保険料控除になり、終身保険は生命保険料控除)になりますが受け取る年金額は個人年金保険の場合は雑所得扱いになり税金の課税対象となります。(参考:『個人年金保険のメリット・デメリット』)これに対して終身保険は所得税扱い(一時所得扱い)になり税制面でも優遇されています。

 

終身保険でお葬式代を準備する

お葬式代については注意してほしい点があります。終身保険というのは冒頭お伝えしたように一生涯保障があるしその上お金も戻ってくる(=解約返戻金)ので、そういう意味では保障としての機能も優れていて掛け捨てじゃないのでお得だと思いがちです。また実際に、いろんなサイトでもそういったふうに伝えていることが多いです。

 

 

ですが、勘違いしてはいけない点が1つだけあります。

 

 

それは、お金を解約返戻金を受け取る場合は保障もなくなるという点です。意外とこの点を見落とされている方が多いという印象なのですが、保障も一生涯続いてそれでいてお金も受け取れる・・・そんなうまい話はありませんので是非、この点だけはご注意ください。

 

 

保険は必ず目的別で準備する!これは基本的な考え方です。特にお金を貯めるという目的とお葬式代を準備するという目的は別々に考える必要があるというわけです。

 

 

終身保険 まとめ

いかがでしたか?? 現在、この終身保険をいろんな目的で活用される方は非常に多いと思います。ただし、終身保険を活用される際は目的別で専門性の高い方に相談されるということはとても大切な部分です。

 

 

長い時間をかけてお金を貯めていくという性質上、やはりその道の専門知識がある方に相談するほうが失敗することはないと思いますし、何より安心してお金を預けることができると思います。(相続税対策や学資保険については特にそうだと思います!)

 

 

というわけで、終身保険の活用方法は非常に多くありますので、いろいろな提案を聞きながらその中であなた自身に合う活用方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

 

以上が『終身保険とは』についてでした。
参考になれば幸いです。

おすすめの保険相談

【厳選黒毛和牛A5クラス プレゼント!】


⇒保険マンモスキャンペーン公式サイト

※ご近所のFPへの相談は無料ですのでご安心ください。


 


【信頼できるFPを指名できるサービス!】


⇒自分でFPを選んでみる!という方はこちら

関連ページ

終身保険の無料相談でおすすめは?
終身保険の無料相談でおすすめはココです!
終身保険の選び方
終身保険の選び方をシンプルにお伝えします!
終身保険は何歳から入るべき?
終身保険は何歳から入るべきでしょうか?ということに対して僕なりの意見を分かりやすくシンプルにお伝えします!
終身保険は何歳まで加入できるの?
終身保険は何歳まで加入できるかは保険料の払込期間によって違うんですよ!
終身保険と定期保険はどっちが良いの?
終身保険と定期保険の違いやどちらが良いのか?など考え方についてお伝えします!
終身保険と掛け捨て保険は目的ごとで使い分けよう!
終身保険と掛け捨て保険を比較しながらそれぞれの特徴などをお伝えします!
終身保険で葬式代を準備するのはぶっちゃけどうなの?
終身保険で葬式代を準備することはどうなのか?そのあたりについてお伝えしたいと思います!
終身保険は貯金代わりになるの?
終身保険が貯金代わりになるのか?ということについてお伝えしたいと思います。
終身保険で教育資金を準備する?
終身保険で教育資金の準備はできるの?という点についてシンプルにお伝えします!
終身保険の低解約返戻金型について
終身保険の低解約返戻金型とはどんな商品なのか?を簡単にお伝えします!
終身保険の最安値という考え方について
終身保険に最安値という考え方について僕なりの意見をお伝えしたいと思います!
終身保険の短期払いについて
終身保険の短期払いについて分かりやすくお伝えしたいと思います!
終身保険の払い済み保険とは??
終身保険の払い済み保険について簡単にお伝えします!そもそも何故、払い済み保険に変更するのでしょうか?
終身保険の積立利率変動型について
終身保険の低解約返戻金型とはどんな商品なのか?を簡単にお伝えします!
終身保険に満期はあるの?
終身保険に満期があると勘違いされている方が多いようなので勘違いされないためにもお伝えします!
終身保険の相場って?
終身保険の相場って一体どのくらいなのでしょうか?
終身保険で返戻金なしの商品はあるの?
終身保険で返戻金なしの商品が実は一社だけ存在します!
終身保険と養老保険の違いは?
終身保険の養老保険の違いやどちらの商品が良いのか??など、僕なりの意見をお伝えします!
終身保険の返戻金に税金はかかるの?
終身保険の返戻金には税金がかかるのでしょうか?実はほとんどかからないんですよ!
老後の備えを終身保険で準備する!
老後の備えを終身保険で準備しようかと検討中の方へ!
終身保険と共済はどちらを選ぶべき?
終身保険と共済で迷われている方向けに考え方の部分をお伝えしたいと思います!
外貨建て終身保険とは?
外貨建ての終身保険について分かりやすくお伝えしたいと思います!
為替が120円! 外貨建て生命保険は一時払いにすべきか?
為替が120円の場合は外貨建て商品は一時払いにすべきでしょうか?
終身保険で退職金を準備する際のポイント!
終身保険は退職金の準備として活用できるのか?という点について簡単にお伝えします!
FPは終身保険を何故勧めるのか?
FPの方が何故、終身保険を勧めてくるのか?気になる方が多いようですね。
豪ドル保険の今の状況はどうなの?
豪ドル保険の今の状況はどうなのでしょうか?
外貨建終身保険のリスクは?
外貨建終身保険のリスクについてズバリ!お伝えします。
なぜ外貨建て保険は保険マンモスよりFPのチカラがお勧めなのか?
外貨建て保険を相談するなら保険マンモスよりもFPのチカラがお勧めですよ!その理由とは?
終身保険は値上げになるの?
2017年4月からの標準利率の引き下げで終身保険にはどのような影響があるのでしょうか?値上げになるのか?それとも据え置きなのか?