終身保険 退職金

終身保険 退職金

 

今回のテーマはこちら。

 

 

『終身保険で退職金の準備できるの?』

 

 

退職金に生命保険を活用されている企業は実際に多いと思います。生命保険という商品を活用するメリットとしては、退職金として積み立てできるということ以外にも、途中で被保険者の方に万一のことがあった場合でも死亡保険金として支払われる・・・つまり、どういう形であっても保険金(解約した場合は解約返戻金)は必ず支払われるという点が最大のメリットでしょう。

 

 

退職金を準備するために活用される生命保険はいくつかありますが、今回はテーマでもある終身保険に限定した形でお伝えしたいと思います。では、終身保険で退職金を準備する際に知っておいたほうが良いポイントを簡単にお伝えします。

 

 

終身保険 退職金 ポイント

契約形態

退職金の準備=法人、ということになり一般的な契約形態は以下になります。

 

契約者

法人

被保険者

経営者 および 役員

受取人

法人

これは最終的に会社から被保険者に対して退職金を支払うという形になるため受取人は会社という形になります。これは法人契約の基本的な契約形態になります。

 

 

税金は?

終身保険の毎月の支払い保険料は全額資産計上となります。(※終身保険に限っての話です。)また最終的に退職金を支払う際には、終身保険を解約して解約返戻金を受け取り退職金として支払うと思います。この際の受け取る解約返戻金に対しての税金については、解約返戻金の総額から支払った保険料の総額を引いた分のみ雑収入扱いとなります。

 

 

簡単にいうと、毎月支払っている保険料に対して先に税金を支払っているので、最終的に受け取る金額については税金はかかりませんよ〜ということですね。

 

 

終身保険で退職金準備をする時のワンポイントアドバイス!

1つの参考として聞いていただけたらと思います。

 

 

終身保険で退職金を準備される際に(、例えば月々の保険料(=積立金)が10万円で契約するとしましょう。この時に方法としては2つあります。1つが1本の契約(=1証券)として加入すること、もう1つが複数の契約(=複数の証券)に分けて加入すること。いずれも同じ保険料になるのですが、1つの契約として加入する方法と分けて加入する方法では何が違うのでしょうか?

 

 

これは将来、経営状態が悪化した場合にとても対応しやすいということが挙げられます。では、どういうことかというと・・・次をご覧ください!

 

 

一部減額の手続きは面倒くさい

経営状態が悪化した際にどうしてもお金が必要になる場合もあるかもしれません。この時に終身保険を一部減額して取り崩したいと思った場合に手続き自体が少し厄介だということなんです。厳密にいうとできなくはないです。ただ、面倒くさいだけなんです(笑)

 

 

いずれにしてもできなくはないのですが、できれば現金をすぐにでも準備したいという状況でしょうから、複数の契約に分けてその中の1つだけを取り崩す(=解約する)ほうがスムーズにいくということです。

 

 

一部の払済保険はできない

これも先ほど同じく経営状態が悪化した場合に毎月の保険料の支払いが厳しい・・・そんな時に関係してくる話です。

 

 

終身保険には払い済み保険(払済保険)といって、支払いが厳しいなどの場合に以後の保険料の支払いをストップさせることのできる済み保険(払済保険)というものがあります。済み保険(払済保険)についての詳しい説明はここでは割愛しますが、メリットは済み保険(払済保険)に変更した時点で貯まっている解約返戻金はそのままの利率で運用されていくということなんです。(参考:『終身保険の払い済み保険とは??』)

 

 

話を戻しますが、この場合に1本の契約だと一部だけ済み保険(払済保険)に変更するということができないんです。対して複数に分けている場合は、その中の1つ(3万/月)だけを済み保険(払済保険)に変更することができ、その分の解約返戻金はずっと運用されていくことになるのでムダがないということになります。

 

大口の終身保険を検討する際には、今回の複数契約に分けるという方法は非常に有効的かと思います。複数契約にしておくことで将来、不安定な状況に陥った時にも柔軟に対応できます。これは会社を経営していく上で非常に重要な部分だと思いますので参考にされてみてください!

 

 

終身保険 退職金 まとめ

いかがだったでしょうか?今回もできるだけシンプルに簡単にお伝えしたつもりです。終身保険を退職金の準備として活用することはできますし、また活用する上での基本的なことを押さえておくだけで将来的にも対応しやすいと思います。

 

 

また、法人にしても個人にしてもそうですが、こういった資産性(貯蓄性)のある商品は途中解約のリスクは非常に大きいので、無理のない保険料の設定をすることが基本中の基本になりますので、その点だけは注意してください。

 

 

そして、当ブログでも一貫してお伝えしていることですが、生命保険でお金を運用する場合には必ず専門知識の高い担当者に相談するようにしてください!どんなに取引のある保険業者さんがでは入りしていたとしても、お金を運用することについては専門家に相談するほうが間違いなく良いと思います。これまで努力して培ってきたあなたの大切なお金を預けるわけですから!

 

 

資産運用なら保険のビュッフェ!(相談無料)

>>保険のビュッフェ 公式サイトはこちら

(※現在、商品券5000円プレゼントキャンペーン中です!)

 

 

以上が『終身保険で退職金を準備する際のポイント!』につてでした。
参考になれば幸いです。

おすすめの保険相談

【厳選黒毛和牛A5クラス プレゼント!】


⇒保険マンモスキャンペーン公式サイト

※ご近所のFPへの相談は無料ですのでご安心ください。


 


【信頼できるFPを指名できるサービス!】


⇒自分でFPを選んでみる!という方はこちら

関連ページ

終身保険とは
終身保険の基本的な部分についてお伝えします!
終身保険の無料相談でおすすめは?
終身保険の無料相談でおすすめはココです!
終身保険の選び方
終身保険の選び方をシンプルにお伝えします!
終身保険は何歳から入るべき?
終身保険は何歳から入るべきでしょうか?ということに対して僕なりの意見を分かりやすくシンプルにお伝えします!
終身保険は何歳まで加入できるの?
終身保険は何歳まで加入できるかは保険料の払込期間によって違うんですよ!
終身保険と定期保険はどっちが良いの?
終身保険と定期保険の違いやどちらが良いのか?など考え方についてお伝えします!
終身保険と掛け捨て保険は目的ごとで使い分けよう!
終身保険と掛け捨て保険を比較しながらそれぞれの特徴などをお伝えします!
終身保険で葬式代を準備するのはぶっちゃけどうなの?
終身保険で葬式代を準備することはどうなのか?そのあたりについてお伝えしたいと思います!
終身保険は貯金代わりになるの?
終身保険が貯金代わりになるのか?ということについてお伝えしたいと思います。
終身保険で教育資金を準備する?
終身保険で教育資金の準備はできるの?という点についてシンプルにお伝えします!
終身保険の低解約返戻金型について
終身保険の低解約返戻金型とはどんな商品なのか?を簡単にお伝えします!
終身保険の最安値という考え方について
終身保険に最安値という考え方について僕なりの意見をお伝えしたいと思います!
終身保険の短期払いについて
終身保険の短期払いについて分かりやすくお伝えしたいと思います!
終身保険の払い済み保険とは??
終身保険の払い済み保険について簡単にお伝えします!そもそも何故、払い済み保険に変更するのでしょうか?
終身保険の積立利率変動型について
終身保険の低解約返戻金型とはどんな商品なのか?を簡単にお伝えします!
終身保険に満期はあるの?
終身保険に満期があると勘違いされている方が多いようなので勘違いされないためにもお伝えします!
終身保険の相場って?
終身保険の相場って一体どのくらいなのでしょうか?
終身保険で返戻金なしの商品はあるの?
終身保険で返戻金なしの商品が実は一社だけ存在します!
終身保険と養老保険の違いは?
終身保険の養老保険の違いやどちらの商品が良いのか??など、僕なりの意見をお伝えします!
終身保険の返戻金に税金はかかるの?
終身保険の返戻金には税金がかかるのでしょうか?実はほとんどかからないんですよ!
老後の備えを終身保険で準備する!
老後の備えを終身保険で準備しようかと検討中の方へ!
終身保険と共済はどちらを選ぶべき?
終身保険と共済で迷われている方向けに考え方の部分をお伝えしたいと思います!
外貨建て終身保険とは?
外貨建ての終身保険について分かりやすくお伝えしたいと思います!
為替が120円! 外貨建て生命保険は一時払いにすべきか?
為替が120円の場合は外貨建て商品は一時払いにすべきでしょうか?
FPは終身保険を何故勧めるのか?
FPの方が何故、終身保険を勧めてくるのか?気になる方が多いようですね。
豪ドル保険の今の状況はどうなの?
豪ドル保険の今の状況はどうなのでしょうか?
外貨建終身保険のリスクは?
外貨建終身保険のリスクについてズバリ!お伝えします。
なぜ外貨建て保険は保険マンモスよりFPのチカラがお勧めなのか?
外貨建て保険を相談するなら保険マンモスよりもFPのチカラがお勧めですよ!その理由とは?
終身保険は値上げになるの?
2017年4月からの標準利率の引き下げで終身保険にはどのような影響があるのでしょうか?値上げになるのか?それとも据え置きなのか?